e-妊娠top 不妊治療と不妊症 人工授精(AIH)体験 こむぎさん

人工授精体験談 こむぎさん

ベビーシューズ
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

顔アイコン
  • 名前こむぎ
  • ねんれい35歳
  • 治療 約3年間
  • 費用15000

人工授精までの過程

妊娠を望んで8ヶ月くらいで妊娠反応が出たものの胎のうを確認することなく完全流産。その後1年間、基礎体温を測りタイミングを合わせても妊娠には至りませんでした。

生理周期からみてもタイミングは合っていると思うのに・・・。一般的に2年間できなければ不妊と言われますが、当時33歳、あと1年自己流で頑張ってできなかったら・・・そこから不妊治療を始めるとなるとさらに年齢的な問題も気になってくる・・・。

不妊専門の病院のHPを見ると最低でも1年は通院する覚悟は必要とよく書かれています。(実際通院すると特別な理由がなければひと通りの検査が行われるのに1?2ヶ月、タイミングで最低でも6ヶ月程度、そこからステップアップ・・・とやはり1年くらいはかかります)

そこで不妊専門の病院に通院し始めひと通り検査。主人は全く問題なし。私は高プロラクチン血症で週1回カバサールを服用することに。

そして左側卵管癒着で卵子が通らない為、右側からの排卵時のみタイミング指導ということで最大3ヶ月間なにもできないもどかしい思いをする時もありました。

1年くらい通院してそろそろ先に進みたいと思い、主人も同意してくれたので先生に相談しようとした矢先に人工授精のお話を受け、迷わず踏み切りました。

その時35歳、いわゆる高齢妊娠と言われる年齢になっていました。私の場合、ホルモンのバランスも悪く閉経ま近の数値であることも赤ちゃんができにくい原因となっていると言われました。

人工授精のようす

左卵管癒着の為、右側からの排卵時のみ実施。

私の場合排卵が少し早いものの排卵は薬を使わずにできた為、周期10日目くらいに卵子の状態を確認して人工授精の日を決め、前日に36時間以内に排卵させる筋肉注射を打ち帰宅。

翌日の朝、主人の精子を採取して保存液を混ぜて予約した時間に病院へ行きます。保存液で精子が弱ることはなく9時間ほど常温でもつそうです。

洗浄方法はバーコール法で1時間程度。施行時間は5分程で痛みは膣洗浄の時に少し圧力を感じる程度で我慢するほどではありませんでした。

その後通常20分程度腰枕を当てて横になって安静にした後帰宅するのですが、私の場合10分くらい経って生理痛をはるかに超える痛みがあり立つことができないほどでした。

そのまま横になっていると50分くらいで痛みがうそのように無くなりました。その後は普段どおりの生活ができ痛みがぶり返すこともありませんでした。

出血は少量の茶おり程度でした。 TOTALで6回人工授精を受けましたが3回目以降からはこの痛みはなくなり施術後20分の安静後すぐに帰宅できました。安静時も全く痛みを感じませんでした。原因は不明です。

人工授精は回を増すごとに確率があがりますが5回目以降は確率は下がるそうで(5回で妊娠しなければ何か他に問題があってできない可能性が濃厚と思われる為)

体外授精の説明を受けました。次の周期から体外授精を行うことを決め、6回目の人工授精は私も先生もあまり期待していなかったのですが妊娠に至り、現在35週で1ヶ月後に出産予定です。

これからの人にアドバイス

6回目と言っても右からの排卵時のみの為、人工授精にステップアップしてから1年かかりました。人工授精や体外授精で授かった赤ちゃんも自然妊娠で授かった赤ちゃんも何ら変わりないと思います。

どちらも夫婦が同意して協力しなければできないことです。また赤ちゃんの強さも変わらないと先生からは説明を受けました。

通院するのは主に女性ですから恥ずかしいとか戸惑いも感じられる方もいるかもしれません。 でも意外と周りに不妊治療されている方って多いんですよ。

私が通院した病院は9割以上が不妊に悩む患者さんですし、病院でばったり友人にあったこともありました。あんまり他人に話すことではないので知らないだけなんですね。

年齢が増すと卵子の状態も悪くなってきます。そしてお産のリスクもあがります。赤ちゃんを望むなら自分の気持ちに素直になって早めにトライした方が良いと思います。

人工授精のイメージは?

不妊症ってひとつの病気と捉えてもよいのではないでしょうか。いくつかの問題を薬などで解消してもそれでもできない場合があります。

やれることはやってそれでもできなければまだ何か見つけきれない原因があるんです。だから人工授精は病気治療のひとつ。病気を治療するのに他人に否定される筋合いはありません。やれるだけのことはやりたい!そう思って臨みました。

\ Pic Up /